小学生の頃、幼なじみの4つ上のお兄ちゃんにギターを習った。曲はかぐや姫の”神田川”だった。
アルペジオで弾くギターの音色がすごく好きになった。延々同じ曲を何度も何度も弾いた。

すぐにギターをねだった。昔から早く大人の仲間入りをしたいと思うたちなので何事も形から入る。買ってはもらえないが、楽器というのは誰しも憧れ、挫折しているのですぐに知り合いのおねえちゃんから譲り受けた。ヤマハの安いモデルで、音はすこぶる悪かった。が、むちゃくちゃ嬉しかった。

”さだまさし”に憧れた。あの切なくもウィットに富んだ詩の世界とメロディ。まあ半分お兄ちゃんの影響だが、すぐに好きになった。ギターは結構難しく、1曲全て弾ける曲などひとつもなかった。でも自分でも気分が乗ったときは ”いい音” してるな、なんて思った。

そして”ビートルズ”の “Help” のアルバムをはじめて買った。ラリーウィリアムスの”dizzy miss lizzy”? が好きになり、あの”もろ”ロックな「てぃりりりりりーりー」なイントロだけ何度も弾いた。もちろん1曲通して弾けるはずも無く、このイントロだけ弾いた。でも気持ちいい〜♪

ちなみにはじめて買ったレコードはシングル盤で北斗の拳の主題歌である。(ユワッシャーね。)

それからギターで曲を作ったり、フレーズ考えたりもした。誰も信じてくれないが、弾き語りで2度ほどライブもした事がある。そりゃぁもう記憶にないほど緊張しているし、緊張したことだけは強烈に覚えている。奇跡だと思う。多分もう2度と無いだろう。

小学生から25年ギターを抱えてぽろぽろ弾いているが、未だ1曲通してほとんど弾けないのではないだろうか。でもたまになぜか無性に弾きたくなるのだから不思議だ。ほんと不思議。

あのときのおねえちゃん(ギターくれた人)のはじめてのギターは, お兄ちゃん(幼なじみ)のモーリスのなぜか左利き用のギターと交換した。現在は24回ローンで買った、なぜか親父がストーブの前に放置し燃やしてしまった傷だらけのギブソンのサザンジャンボを持っている。

僕にとってギターは何か。
わからない。
が、ぽろぽろ弾いて、飽きて置いて。
でもまたぽろぽろ弾いて。
まぁそんな存在。

今でもバンドの練習中、ポロッと、オレギター弾こうかなぁ。なんて言ったりするが、リーダーがオレを嘲笑うだけだ。ライヴに何度かテレキャスをもって出た事があるが、ギター持った上での”エアーギター”である。(新しい)もう完全にネタだ。

いつかは1曲まともに弾きたいなと思う。

そしてアルグリーンのように、ポロンポロン、と軽く弾いて、大声で歌ってみたい。

全然うまくなろうともしてないが、ギターをたまには弾こうと思う。

http://youtu.be/CIFjp0ffLV8
さだまさし


ラリーウィリアムス